子供におすすめの青汁

子供におすすめの青汁

子供におすすめの青汁というとまずは味が重要です。あまりにもガッツリした苦みや癖の強い青汁は、子供は好きにはなれないでしょう。一度嫌だと思うと二度と食べてくれないことも。そこで味がまろやかなものを選ぶことが大切になります。

 

まろやかな味わいの青汁の中には蜂蜜が少し含まれているものもありますが、生後1才までは、蜂蜜に含まれる『ボツリヌス菌』により『乳児ボツリヌス症』という病気を引き起こしてしまうリスクがあるので蜂蜜を口に入れてはいけません。もちろん1才以上の子供になら特に問題はありません。

 

また、まろやかな味の良い青汁には、抹茶が使われているものもたくさんあります。
抹茶はカフェインが強く、特に小さい子供には抹茶含有量の少ないものや配合されていないものがおすすめです。子供にもおすすめとメーカーがすすめているものは、抹茶などの含有量が0〜少量なので安心できます。

 

安全原料に徹した青汁を

やはり子供が飲む場合は、安全性の高いものを選ばなければなりません。特に栽培法は無農薬で、国内産原料を使っている青汁を選びましょう。基準もしっかりしており不安なときはすぐに対応してくれるので、国内産を選ぶことは原則です。また厳重な管理の下、安全に製造されている国内工場で作られた青汁を選びましょう。そして信頼できるメーカーのものを選ぶことも大切です。

 

子供用の青汁もあります!

やはり赤ちゃんや小さい子供の青汁の摂取については、いろいろな意見があります。離乳食がスタートした生後半年程度からOKという意見や、1才以上からという意見などもさまざま。そのためやはり1才から子供にも安心な青汁を少しずつと考えてはいかがでしょう。

 

子供用の青汁もあります!

小さい子供には対象とした「子供バナナ青汁」などもあります。しっかりした安全性の高い原料を使い、高い基準をクリアした工場で製造され、子供に合った成分と成分量、そして子供の好みに合わせた味に作られている青汁です。これなら安心して、子供も喜んで飲んでくれのではないでしょうか。

 

ピーマンが大嫌いな子供はとても多いものですが、大人になるとほとんど嫌ではなくなります。その理由はピーマンなどに含まれている青臭さの成分が、子供にはとても嫌な臭いに感じると言われています。そのため一般の青汁の青臭さは子供にそっぽを向かれてしまいます。そんなことからも子供用の青汁は子供がしっかり飲めるように工夫されていますからおすすめです。

 

青汁人気ランキングはこちら