青汁は好き嫌いの激しい乳幼児などに、野菜を食べさせる代わりに飲ませても栄養的には問題は無いでしょうか?また、子供でも比較的飲みやすい青汁があれば知りたいです。

青汁の苦みがどうしても気になる方やお子様用には、りんごジュースに青汁を溶かしゼリーを作るなんていうのはいかがでしょうか。この場合、青汁の酵素やビタミンを殺さないように注意。40度ほどに温めたりんごジュース(250t)に、水(20t)でふやかしたゼラチン(5g)を湯せんで溶かして入れ、最後に青汁(1袋)を加えてから冷やしてください。

 

「野菜を全く食べられないのだけど、青汁や錠剤なら何とか口にしてくれる」というお子さんには、栄養失調になってしまうよりも青汁を飲んでもらえたほうが成長のためにはるかに良いですよね。また、忙しい保護者さまの中には、毎回栄養バランスの良い食事を作ることが大変…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。子どもたちには様々な食の経験をさせてあげつつ、食事の準備が大変なときや子どもの栄養摂取量が気になるときに、賢く青汁を取り入れられることが理想ですね。

 

注意してほしい点は、「生後1年間は、はちみつ入りの青汁は口にさせない」こと。はちみつに含まれるといわれるボツリヌス菌の芽胞が赤ちゃんの体内に入り、「乳児ボツリヌス症」を引き起こすかもしれないからです(大人には全く影響ありません)。乳児ボツリヌス症になると、命に係わることもあります。また、おなじく消化器官の問題で、大人と同じようなご飯が食べられるようになるまでは、青汁は消化に負担がかかるので控えましょう。

子供におすすめの青汁

関連ページ

青汁の一番体に良い材料は何ですか?
青汁の一番体に良い材料は何ですか?青汁をもっと詳しく知りたい方に青汁の質問を管理栄養士さんに答えていただきました。
青汁の注意点について
青汁の注意点について、青汁をもっと詳しく知りたい方に青汁の質問を管理栄養士さんに答えていただきました。
青汁の効果がある時間帯とファスティング
青汁の効果がある時間帯とファスティングについて。青汁をもっと詳しく知りたい方に青汁の質問を管理栄養士さんに答えていただきました。
美味しい飲み方を教えてもらいたい
美味しい飲み方を教えてもらいたいという質問について管理栄養士さんに答えていただきました。
スポーツ中や直後の水分補給として青汁を飲むのは良くない?
スポーツ中や直後の水分補給として青汁を飲むのは余り良くないの?管理栄養士さんに答えていただきました。
妊娠中の青汁摂取のメリットと注意点を教えてほしい
妊娠中の青汁摂取のメリットと注意点について教えてほしい。管理栄養士さんに答えていただきました。
青汁食品について
飲みやすく栄養価高く、生活習慣病に良いとされる青汁の食品についてついて教えてほしい。管理栄養士さんに答えていただきました。