青汁の効果的な飲み方は?

基本的な青汁の飲み方

青汁は食品なので、飲んではいけないタイミングはありません。続けて飲むことが大切。そのため大切な飲み方の1つとして、忘れないタイミングを習慣づけることが大切、ということになります。
青汁を続けられない理由には、味が嫌い、飲みにくい、忘れてしまうなどが挙げられています
朝一番や、食事中、食後などに飲む人が多いと言われていますが、基本的には飲む時間に決まりがないことを納得していただいた上で、目的別におすすめのタイミングを紹介したいと思います。

 

栄養補給が目的の場合

栄養補給のためにベストなタイミングは起きてすぐです。睡眠中は汗をかいたり、寝返りを何回もうったりと、思ったよりエネルギーを使っています。そのため朝一番はとても吸収力が高いと言われているのです。このタイミングで青汁を飲むと、野菜の栄養素などが体内中に吸収されやすくなります。
ただし朝の空腹時に冷たいものを飲むと、胃腸に負担がかかり代謝を低下させてしまうため、温かいお湯などに溶かして飲みましょう。あまり熱いお湯に溶かすとビタミンCや酵素など壊れてしまう栄養素もあるので、40度あたりがベストです。

 

朝のスッキリが目的の場合

青汁を飲む人の中には、朝のスッキリを期待している人も多いと言われています。朝のスッキリが一番の目的なら、飲むタイミングは夜就寝の前となります。
ただし青汁にたっぷり含まれている食物繊維を飲むと腸が働き出してしまい、お腹がゴロゴロしたりむかむかすることもあるようです。このようなことで眠れない場合は、就寝2時間前頃に飲むようにしましょう。

 

ダイエット生活の成功が目的の場合

食事の直前がおすすめです。空腹のときに青汁を飲むことで、食物繊維が満腹中枢を刺激して早く満腹感を感じることができます。また血糖値の上昇を和らげることができるため、体内で糖への変換が緩やかになりダイエット生活にとってはベストタイミングです。

 

置き換えダイエットの場合

ダイエット生活を成功させる近道として、青汁を利用した置き換えダイエット法があります。1食を青汁に置き換えることで1食分のカロリー摂取量を減らすことができます。また胃腸を休ませることで、代謝を高めることができます。この場合は飲むタイミングだけでなく、置き換えダイエットに向いている酵素成分と食物繊維が豊富な青汁を選びましょう。

 

注意すべきこと

青汁を飲む場合の注意として大切なことは、それぞれの青汁の目安量を超えないことが大切です。超えてしまうと便がゆるくなったりする場合もあり、多く摂ったからと言って効果倍増ということはありません。メーカーによって1日の目安量が1包だったり、2包までOKだったり、3粒だったりいろいろです。青汁によって目安量も違うので、その辺もしっかりチェックして摂取しましょう。

青汁人気ランキングはこちら

青汁の効果的な飲み方は?|青汁人気ランキング記事一覧

青汁を上手に使っておしゃれデザートアイス、ヨーグルト、豆乳、牛乳などに、青汁をサラサラと振りかけるのではなく、ちょっと手を加えておしゃれなデザートにしてみましょう。ほんの少しの水やお湯で青汁を溶かし、トロトロの濃厚な青汁エキスを作ります。それをヨーグルト、アイスクリーム、豆乳、牛乳などにクルクルっとかけてみましょう。ちょっと手を加えるだけで、とてもおしゃれなデザートになります。青汁の香りを消す青汁...