青汁の働きとメリットについて

青汁は日本独自の、青汁は、日本独自の健康食品です。不足しがちな野菜成分を簡単に摂取できるのが最大の利点です。 不足を少しでも補うことで理想的な食生活バランスに近づけることが健康維持の観点からも重要です。

 

青汁の成分

青汁の成分

青汁と一言でいっても、配合成分はさまざまです。主成分はケールや大麦若葉、桑の葉、明日葉などがほとんどです。これらの野菜はどれが一番良いとは言い切れません。一つひとつの栄養素の含有量には違いがあっても、豊富な栄養素が含まれている健康素材です。
食物繊維、βカロテン、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、鉄分、亜鉛、カリウムなどが豊富に含まれている野菜が青汁の主成分になっています。

 

食物繊維が不足すると

食物繊維が不足すると、体内の老廃物を体外に出す働きが滞りがちになってしまいます。便秘や肌荒れなどに悩んでいる方は、食物繊維が不足を考えてみるといかがでしょうか。
現代人の食生活では、食物繊維の豊富な野菜がまだまだ不足しています。できるだけ食物繊維をたくさん摂取することが、これからの日本人の課題の1つです。

 

野菜が不足すると

野菜が不足すると上でもご説明したように、まず食物繊維不足から老廃物の排出が滞りがちになります。野菜に多く含まれるビタミンやミネラルが不足するとか健康にさまざまなトラブルがおきることもあります。健康維持に野菜の栄養素は欠かせません。

管理栄養士の一言コラム

青汁は毎日飲まないといけないもの?

管理栄養士の一言コラム

「どうしても三日坊主になってしまう」、「1日飲まなかったらそのあと飲む気がなくなった」という方は、青汁を飲むことをプレッシャーに感じないでください。
わたしたちの体は、1日に必要な栄養素量を摂取すると、過剰な分を体内に栄養素を貯めたり排出したり、というメカニズムを持っています。つまり、「たくさん青汁を飲めばより体に良い」というわけではないということです。食事でしっかりバランスよく栄養素を摂取できたと思ったときには、「飲まない」という選択ももちろんOK。
青汁は健康補助のための食品です。「毎日飲まないといけない」ではなく、「足りない栄養素があると思ったときに飲む」ことを念頭に置いて健康を手に入れましょう。

 

青汁人気ランキングはこちら