長命草とは

長命草は青汁の主成分のサポートとしても注目されています。高い栄養素を持つ植物として人気のある、沖縄に自生している南国の植物。太陽の強い日差しと潮風が育てる沖縄では、葉っぱだけでなく茎なども野菜として利用されています。特に天ぷらやおひたしとして苦みと香りが魅力的です。

 

長命草の栄養

長命草の栄養

長命草の特徴は、ポリフェノールの豊かな植物だということ。ポリフェノール、カロテン、ミネラルなども豊富です。そしてポリフェノールにはルチン、クロロゲン酸など特の抗酸化作用の高い成分がいっぱい。またビタミンEやβ-カロテンなども同じく抗酸化作用が高く、長命草の栄養を見ていると若々しさを大切に考えている人にも魅力的な栄養素をたくさん含んでいるようです。
カルシウム・リン・鉄・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・βカロテン・ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンC・葉酸・ナイアシン・食物繊維なども豊富に含まれています。

 

こんな人におすすめ

  • 美しさを重視している女性や
  • いつまでも若々しくいたいと思っている人
  • 食生活の乱れ、生活の乱れによるドロドロが気になる人
  • 毎日の元気、この先の健康を考えている人
  • 外にいることの多い仕事や、パソコンを使う仕事の人
  • 健康診断でちょっと気になる人
  • 元気な毎日を送りたい男性

 

こんな青汁に長命草は含まれています

最近になって青汁にも配合されています。代表的な長命草配合の青汁をご紹介します。

ステラの贅沢青汁
ステラの贅沢青汁

九州産農薬不使用(栽培期間中)の濃縮ケールを配合!ケールを主成分に6代栄養素が濃縮された福岡県産ブルガリス種のクロレラや沖縄県与那国産の非常に強い生命力をもった長命草をプラスしています。

【主な原材料名】
クロレラ、ケール、長命草

管理栄養士の一言コラム

長命草ってなんだろう

管理栄養士の一言コラム

長命草、とはあまり耳にしない言葉だと思います。読み方は「チョウメイソウ」。葉がボタンに似ていることから、和名を「ボタンボウフウ」といいます。日ごろ食べることがないので「これは食べられる草なんだろうか?」と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
長命草は、沖縄に自生するセリ科の植物。セリ科の仲間には、パセリやニンジン、セロリにアシタバなどの香りと栄養価の高い植物が多くあります。長命草の見た目は、セロリの葉にそっくりです。「1株食べると1日長生きする」と言い伝えられており、長生きに効く草だから「長命草」だそう。
比較的多く含まれているポリフェノールは、動脈硬化の防止、ガンの発症・血中コレステロール・血圧・血糖値の上昇の抑制などの効用があるといわれています。
なかなかお目にかかれない長命草、青汁で気軽に毎日摂取できるのならうれしいですよね。

 

青汁人気ランキングはこちら

関連ページ

ケール
青汁の元祖とも言われているケールのご紹介です。スーパーフードとしても選ばれているバランスの良い栄養素が含まれた植物です。今も青汁の主成分として人気がありますが、その苦さなどはカバーされて美味しい青汁となっています。
大麦若葉
大麦若葉は今ケールと並んで人気があり、青汁の主成分として使われています。大麦を若葉のうちに収穫したもので、その栄養素の高さとまろやかな味わいが人気です。ここでは大麦若葉についてご紹介したいと思います。
明日葉
青汁の成分としても人気の明日葉。一晩で摘んだところからもう新しい葉っぱが出てくるという、その生命力の強さが魅力の植物。そんな明日葉のご紹介です。
クマザサ
クマザサは最近、青汁の原料としても人気ですが、実は昔から身近に利用されていた、とても生活と密着した植物だったのです。ここではクマザサについてのご紹介と、クマザサを配合した青汁のご紹介などをしていきましょう。
よもぎ
よもぎというとお団子を思い出す人も、結構多いのではないでしょうか。しかしその栄養素はとても素晴らしいものがあり、昔から健康食品としても食べられていたと言われています。昔からよもぎ餅などは健康を願ってのものだったのではないでしょうか。
クロレラ
クロレラは単独でもサプリとして人気のある藻の一種です。総合的な栄養素が含まれていることでも知られています。青汁成分としても人気があるホールフードとも言われているクロレラのご紹介です。