明日葉とは

日本が原産国の植物で特に八丈島などが知られていますが、太平洋側の三浦半島や房総半島にも多く栽培されています。とにかくその栄養素はバランスが良く、理想的なバランスの良さが特徴と言われており、中国では昔から健康維持に役立つとして利用されている植物です。年中収穫できますが、寒さに弱いと言われています。そしてその弱い寒さを越えた2月から4月の新芽の時期が、明日葉の最高の収穫時期とも言われています。

 

明日葉の栄養

明日葉の栄養

明日葉には、β-カロテンやビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル類や食物繊維など、優れた働きを持つ栄養素が豊富。他にも明日葉特有のポリフェノールの一種であるフラボノイドのカルコンやクマリンも豊富です。
カリウム、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンK、食物繊維、カロチン、ビタミンEなど、どれも野菜の王様とも言われているケールの約2倍以上という驚異的な栄養の宝庫。そして明日葉の茎を切ると出てくる黄色くドロッとした汁こそ、明日葉だけに含まれているカルコンというポリフェノール。さらさらをサポートし生活が乱れがちな人にも嬉しい、とても希少なポリフェノールです。

 

こんな人におすすめ

  • バランスよく栄養を摂りたい人
  • 食生活が乱れている人
  • 生活リズムが乱れている人
  • 運動不足の人
  • いつまでも若さを大切にしたい人
  • いつまでもイキイキといたい、健康な毎日、すっきりした毎日を求めている人
  • めぐりが気になる人
  • そろそろしっかり健康管理をしなければと思っている人
  • スッキリと軽やかな日々を過ごしたい人

 

こんな青汁に明日葉は含まれています

明日葉はいろいろな青汁に配合されていますが、その中でも代表的な青汁のご紹介です。

極の青汁

熊本県阿蘇産などの国産大麦若葉に鹿児島県の屋久島産などの明日葉とサントリー独自のケルセチンプラスを配合し、野菜のチカラをより吸収させる青汁を完成させました!

【主な原材料名】
大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン

ホコニコのこだわり酵素青汁

とことんこだわった国産の大麦若葉をベースに国産の明日葉、桑の葉、ケールまでも独自の黄金比で加え、飲みやすさと抱負な栄養素のバランスの両方に期待できます!たっぷり139種類の植物発酵エキスに生酵素を摂取できる、他にはない贅沢な栄養たっぷりの青汁です。

【主な原材料名】
大麦若葉粉末、明日葉粉末、桑の葉粉末、ケール粉末、オリゴ糖、難消化性デキストリン、他

すっきりフルーツ青汁

国内産厳選の大麦若葉を主成分にポリフェノールの一種であるカルコンを豊富に含んでいる国内産厳選の明日葉や乳酸菌、酵素などプラスしています。

【主な原材料名】
大麦若葉粉末、クマササ末、明日葉粉末、果汁パウダー、植物発酵エキス、他

ふるさと青汁
ふるさと青汁

原産地・八丈島の自然の恵みがたっぷり詰まった貴重な明日葉を主原料とし、さらに甘みのある島根県産桑の葉、熊本・大分県産の大麦若葉を独自の比率でブレンドした青汁です。

【主な原材料名】
あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑野の葉末、大麦若葉末

管理栄養士の一言コラム

鉄分補給に青汁を飲むときのポイント

管理栄養士の一言コラム

明日葉にも含まれている鉄分。1日に必要な鉄分量は、成人男性で7.0r、成人女性は6.0r(月経があるときは10.5r)とされています。妊婦になると、時期にもよりますが8.5r〜21.5rの鉄分が必要となるほどぐんと必要量が増えます。男性は日ごろから鉄分不足だという割合は少ないのですが、女性の場合は謙虚に多いのが現状。体のために、積極的な鉄分補給をお勧めします。

鉄分を摂取するときに意識してほしいポイントが、「たべものによって鉄分の吸収率が違う」ということ。鉄分の吸収率は他の栄養素と比べて低く、レバーなどの動物性食品は約23%、緑黄色野菜やひじきなどは約5%と低い数値。しかし、植物性食品の場合はビタミンCやタンパク質と一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップします。
青汁にはビタミンCが配合されているものが多く、主体として入っている野菜自体にもビタミンCが豊富に含まれている素材が使われています。青汁に入っている「ビタミンC」は、より青汁の効果を高めるためにも必要な栄養素なのです。
逆に、コーヒー・紅茶・緑茶などタンニンを含む飲み物は鉄分の吸収を妨げるため、鉄分不足に悩む方は青汁を飲む直前・最中・直後に飲むことは避けるようにしましょう。

 

青汁人気ランキングはこちら

関連ページ

ケール
青汁の元祖とも言われているケールのご紹介です。スーパーフードとしても選ばれているバランスの良い栄養素が含まれた植物です。今も青汁の主成分として人気がありますが、その苦さなどはカバーされて美味しい青汁となっています。
大麦若葉
大麦若葉は今ケールと並んで人気があり、青汁の主成分として使われています。大麦を若葉のうちに収穫したもので、その栄養素の高さとまろやかな味わいが人気です。ここでは大麦若葉についてご紹介したいと思います。
クマザサ
クマザサは最近、青汁の原料としても人気ですが、実は昔から身近に利用されていた、とても生活と密着した植物だったのです。ここではクマザサについてのご紹介と、クマザサを配合した青汁のご紹介などをしていきましょう。
よもぎ
よもぎというとお団子を思い出す人も、結構多いのではないでしょうか。しかしその栄養素はとても素晴らしいものがあり、昔から健康食品としても食べられていたと言われています。昔からよもぎ餅などは健康を願ってのものだったのではないでしょうか。
長命草
長命草というと、名前だけでも体い良さそうなイメージがあるのではないでしょうか。確かに長命草は沖縄の長寿の秘けつとも言われている草なのです。今ではサプリや青汁にも配合されていますが、そんな長命草のご紹介をしたいと思います。
クロレラ
クロレラは単独でもサプリとして人気のある藻の一種です。総合的な栄養素が含まれていることでも知られています。青汁成分としても人気があるホールフードとも言われているクロレラのご紹介です。