サンスター粉末青汁の詳細

サンスター粉末青汁

サンスター粉末青汁公式サイト

「サンスター粉末青汁」の魅力

「サンスター粉末青汁」の成分はとても魅力的です。多くの青汁の主成分となっているケールや大麦若葉、そして明日葉が含まれ、栄養豊富なモロヘイヤやブロッコリーなども配合されており、それらをギュッとまとめている青汁です。
成分として葉酸がキャベツ約2枚分、カルシウムはマイワシ約7尾分、食物繊維はバナナ約4.5本分、ビタミンCはイチゴ約1個分、マグネシウムは椎茸約7枚分、カリウムはリンゴ約1個分、β-カロテンは青ピーマン約2.5個分、鉄はドライプルーン約9.5個分が入っているとされています。

 

日本人は現在、1日平均約75〜100gの野菜が不足しています。「サンスター粉末青汁」はたった一杯で、1日分の野菜不足がサポートできると言われています。食生活を良くしたいと思っても、外食が多かったり気候不順などによる野菜の高騰など、なかなか野菜不足を解消できないのが現実ではないでしょうか。「青汁粉末」はそんなわたしたちの強い味方とも言えそうです。

 

そしてどれも100%国産の安全野菜5種類を、たっぷり摂取できることも大きな魅力です。また一般的な青汁が1包平均3〜4gに比べ、「サンスター粉末青汁」は10gの2.5倍だから満足。またマイクロパウダー製法なので、とても飲みやすいとも言われています。それなのに価格的にも安心価格というところも当然魅力となりそうです。

 

国内産大麦若葉

β−カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、ビタミンE、ビタミンK1などが含まれ、ミネラルでは鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛。またアミノ酸はバリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、フェニルアラニンなどさまざまな成分が含まれています。そして香ばしい香りも魅力です。
鉄分はほうれん草の約5倍、β-カロチンは人参の約1.5倍、カボチャの約2倍以上。食物繊維もゴボウの約2.5倍、キャベツの約5倍以上、サラダ菜約1.5束となっています。ビタミンB2はアスパラガスの約9.5倍、葉酸は小松菜の約6.5倍という頼もしい野菜です。

 

青汁の元祖ケール

ケールのβ-カロテンはキャベツの約60倍と、トマトの約5倍以上、マグネシウムは小松菜の約3倍以上、カルシウムは納豆の約4倍弱もあります。ビタミンC、β−カロテン、ビタミンB6、カルシウム、カリウム、マグネシウム、クロロフィル(葉緑素)など豊富な栄養を摂ることのできる野菜です。

 

八丈島の明日葉も

今日摘んでも、もう明日には生えてくるということから付いた明日葉という名前。そのとおりとても生命力の強い野菜です。食物繊維はあのケールの約1.5倍も。パントテン酸、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンK、ビタミンE、カロチン、カリウム、β-カロテン、タンパク質とどれもケールの倍以上。
そして明日葉の茎を切ると出てくる黄色いトロッとした液体こそ、希少なポリフェノールの一種カルコンです。カルコンはサラサラをサポートすることでも知られており、スッキリした毎日と元気をサポートします。

 

クレオパトラも食べていたモロヘイヤ

宮廷野菜としてクレオパトラも食べていたという、元気や綺麗にも嬉しい成分です。カロテン、カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラルも豊富でとろみがまろやかさをプラスしてくれます。

 

緑黄野菜としておなじみのブロッコリー

ビタミンCも豊富で甘みのある緑黄野菜です。ビタミン、ミネラルも豊富で青汁の味わいをより深く美味しいものみしてくれるとも言われています。

 

価格も嬉しい定期サービスを利用がおすすめ

サンスター粉末青汁

 

定価は10g×30包1箱で4,500円(税抜)
定期コースなら4,050円(税抜)
どちらも送料無料といううれしいサービスです。

青汁人気ランキングはこちら