ふるさと青汁の詳細

ふるさと青汁

ふるさと青汁公式サイト

「ふるさと青汁」の魅力

明日葉を中心とした青汁としても知られている「ふるさと青汁」ですが、明日葉がふんだんに使われているところが最大の魅力です。特に明日葉の茎や根っこまでしっかり使われています。明日葉ならではの希少なポリフェノールの一種であるカルコンが豊富です。また明日葉の他にも桑の葉と大麦若葉などが含まれ、栄養的にも魅力のある青汁となっています。
明日葉は八丈島、桑の葉は島根県、そして大麦若葉は九州の熊本県や大分県で、農薬や化学薬品に頼らない農法で育てられています。厳重な品質管理としっかりとした工場での製造、何重ものチェック体制など、毎日続けるものだからこそ安心は大きな魅力の一つです。それにお得な初回限定キャンペーンも、やっぱり嬉しい魅力と言えるでしょう。

 

明日葉について

青汁で人気のケールはとても豊富な栄養素が含まれています。しかしカリウム、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンK、タンパク質、食物繊維、カロチン、ビタミンEなど、どれもケールの約2倍以上という驚異的な栄養の宝庫です。

 

明日葉は摘んでも、また明日には生えてくるというところから、明日葉という名前が付いたと言われていますがその生命力は驚異的です。そして明日葉の茎を切ると出てくる黄色い粘着性の汁こそ、希少なポリフェノールで明日葉だけに含まれているカルコンです。さらさらをサポートし、生活が乱れがちな人にも嬉しい希少なポリフェノールです。

 

桑の葉について

桑の葉はなんと言っても食物繊維が多く、ケールの約9倍とも言われています。またビタミンB1はタマネギの約14倍、亜鉛はゴーヤの約18倍。ビタミンAはブロッコリーの約23倍、β-カロテンは人参の約2倍、鉄分はほうれん草の約7倍となっています。また桑の葉だけに含まれているデオキシノジリマイシンは今注目の成分です。

 

こんな人におすすめ
  • 食生活に自信がなく
  • 少しでも栄養のバランスを整えたいと思っている人
  • 毎日の元気を大切にしたい人
  • 生活が乱れがちな人
  • スッキリしたい人

などにおすすめです。

 

価格について

ふるさと青汁

通常価格は30包入り約1ヶ月分3800円(税抜)ですが、とくとく価格は3420円(税抜)となっています。どちらの購入法でも初回には14包が無料で付いてきます。まずその14包を飲んでみて、もし味が合わないなどの問題があれば返品できます。

 

もちろん返金保証が付いているので安心です。そして、そのまま続けたい人にとっては、無料14包はサービスとなります。お試しが初回に付いてくるなんて、とても良心的ですね。

青汁人気ランキングはこちら